FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災ボランティア備忘録

ふと思い立ったので、震災~ボランティア参加に至るまでのことを備忘録的に。

その1. 震災後→厚木帰宅

3月11日14時46分時点でいた場所はあすと長町のTSUTAYA。
海に撮影に行くかで迷って、結局こちらに。
津波は来ませんでしたが、石膏ボードの吊り天井と蛍光灯が落ちてきたりボールペンなどの文房具類が棚から飛んできたりしました。
特集コーナーに使われていた小さいテーブルの下に頭を隠すのが精一杯。
一緒に隠れていた女の子2人の片方が泣き始め、もう片方が大丈夫と励ましていました。

隣のテナントだったしまむらのショーウィンドウが割れる音がやけに怖かったです。
20年の短い人生でしたが、初めての走馬灯を見ました。

本震が収まってから階段で外へ。床は割れたガラスで埋め尽くされていました。
店内にいた人はみんな駐車場に出て携帯で連絡を取ったりテレビを見たりしています。
自分も携帯で母と連絡を取ります。PHSだからか、すんなり繋がりました。
その間にも大きめの余震が断続的に続きます。

話をしないと落ち着かなかったので知らないおばちゃんと軽く会話。
しばらくして警備員さんが駐車場のある屋上にあげてくれました。
車用のスロープを歩きましたが、目の前の高架橋でEH500が止まっていました。
遠くには空港線のE721-500も見えます。

屋上に上がると止めていた場所に車はなく、揺れで十数メートル移動していました。
ミラーは折れ、車体は傷だらけ。エンジンは無事かかったので、車を出します。
一刻も早く帰らなければと思いながらも、信号が全滅していたので注意して帰宅。

IMG_5415.jpg

自宅に帰ると母が割れた食器類の片付けをしていました。
当然停電しているし、ラジオが見つからないので黙々と片付け。
余震のたびに生きた心地がしませんでした。

IMG_5421.jpg

空がとても青かったです。

夜にウォークマンでラジオを聞いていると、どこの浜で何人打ち上げられたという情報が延々入ってきて気がおかしくなりそうでした。コートを着て靴を履いて布団に入ります。
父は帰ってきたものの、弟と連絡がつかず。



IMG_5433.jpg

翌日、かの有名な河北新報の紙面。
見慣れた閖上の風景だと分かるまで数分かかりました。

IMG_5435.jpg

弟が高校の先生の車で、配給された非常食を携えて帰ってきました。
高校で一晩を明かしたらしいです。

IMG_5431.jpg

ものの調理は石油ストーブ。
ご飯を炊き、スープを作り、焼きおにぎりを作る。米は偉大です。

IMG_5446.jpg

夜はやることもないので弟と将棋を指したり。



IMG_5471.jpg

冷蔵庫が使えないからと、近所の和食屋が海鮮丼の提供を始めていました。
非常時にこんな贅沢が出来るとは思いませんでした。

IMG_5477.jpg

市街の叔母の家に行く途中、SS30がポッキリ折れているのを発見。

IMG_5482.jpg

長町界隈の信号機は相変わらず消えたまま。
この日、電気が復旧しました。テレビをつけて、東京の震災特番に猛烈に萎えました。



IMG_5484_20121013004950.jpg

翌日、目の前の高速道路に消防・救急車の長い列が。

IMG_5488.jpg

よく見ると関西のものばかり。泣きそうでした。

IMG_5490.jpg

ガスは一向に復旧しないので、ストーブで沸かした熱湯を薄めて頭と足を洗い、身体はタオルで拭くだけ。この生活がガス復旧までの1ヶ月続きました。

IMG_5513.jpg

キャンプ一家だったので、ホワイトガソリンで使えるコンロが大活躍しました。

4月6日、下宿のある神奈川県厚木市に戻りました。

続く。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

エルム


Author:エルム

銀塩派フォトショッパー。

最近の記事
最新のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カメラ

EOS_30D Canonet_QL19 PENTAX_67II EOS_7s GX200 EOS_7D GF2 demi_EE17 Electro35 

カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。