スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Foursquareのスーパーユーザーになった話

スクリーンショット

明けましておめでとうございます。
タイトルの件、よく分からない成り行きでなってしまいました。


FoursquareはSNSの中でも特にロケーションに特化したサービス。
チェックインすることで友人とポイントを競ったり、他のユーザーとベニュー(チェックインスポット)の情報を共有したりできます。Googleカレンダーにチェックイン情報をICALなどからリアルタイムに出力できるので、特に私はライフログとして重宝しています。

日記を書くときの手がかりにするため、基本的にはこまめにチェックインするようにしているのですが、私のチェックイン回数は多いとはいえません。Tipsは有益な情報を書けるようなら書く程度です。

細かい性格なので、住所とかの編集申請もこまめに出していたのですが、先日編集の申請をすると突然「スーパーユーザーになりませんか?」という画面が出てきました。
スーパーユーザーというのは、一般のユーザーとは違い、ある程度の裁量を与えられたユーザーのことで、ベニューの編集提案をレビューすることができます。特権ユーザーとも言えます。

画面の先に進むと、Test driveと称していくつもの統合提案や住所の変更提案、カテゴリの変更提案のレビューを行うように促されました。どうやらこれがスーパーユーザーになるにあたってのテストのようでした。ハウスルールを始めとした各種の決まりをきちんと理解しているかを見ているのでしょうね。

プログレスバーを満たすまで編集すると、無事スーパーユーザー(レベル1)のテストに合格した旨のメッセージが現れました。もちろん、このTest driveもルールに従って編集しなければなりません。

何はともあれ、憧れのスーパーユーザーの称号を手に入れられてホクホクです。
チェックイン数よりも、Tipsや情報編集などの量や正確性がオファーの鍵のようです。

というか、Foursquareのスーパーユーザーってパッシブではなくアクティブなものじゃなかったのかな?私の知る限りでは、スーパーユーザーになりたい人は運営に自己推薦文を書く必要があったような……。

テーマ : インターネットサービス
ジャンル : コンピュータ


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

エルム


Author:エルム

銀塩派フォトショッパー。

最近の記事
最新のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カメラ

EOS_30D Canonet_QL19 PENTAX_67II EOS_7s GX200 EOS_7D GF2 demi_EE17 Electro35 

カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。